病院の実力 精神科(読売新聞 医療ルネサンスNo.4665 2009年8月27日)

うつ病に関する記事

うつ病で休職した場合に気になるのが、職場復帰のことです。
読売新聞「医療ルネサンス」に掲載された記事のご紹介です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 
職場復帰 専門家が評価

東京都内の会社員の男性は、42歳のときうつ病と診断された。
営業責任者としての仕事をいくらしてもまだ足りないという不安があり、人と話すのがつらくなり、仕事中に何も考えられなくなった。
一ヶ月の入院、抗うつ薬による治療が奏功して会社に復帰。これまで以上に仕事をこなしていたが2年後に再発した。

NTT東日本関東病院(東京品川区)精神神経科部長の秋山剛さんによれば、うつ病が改善し、復職しても、再発する患者は少なくない。
秋山さんは1997年から、患者が無理なく仕事復帰できるように手助けする「職場復帰援助プログラム」に取り組む。男性もこれに参加した。

パソコンが並んだ部屋で毎週月曜、木曜の2時間ずつ、職場復帰を目指す約25人が参加、
文章をパソコンで打ったり、ソフトによる計算・描画に取り組む。
作業そのものは、参加者の仕事に直接関係するものとは限らない。パソコン作業を通じて適度なストレスに心身をならし、回復具合を見るのが目的、と秋山さん。
その間、作業療法士の岡崎渉さんが、患者さんの集中がつづく時間、課題に対して自分に可能な量や拒否の意志を伝えられるか、隣の人と円滑に会話できるかなどをチェック。

復職の失敗の原因は、早く戻りたいとの本人が焦り、十分治っていないまま復帰して、症状を悪化させることにある場合が多い。
患者さんが仕事復帰にふさわしい状態かどうかを専門家が評価し、早すぎる復帰を減らす狙いがある。

件の男性は、最初は何も手に付かなかったが、パソコンで写真をデザインする作業に興味を持ち、退院した後も通い続けて職場復帰を果たした。処理できる範囲を考え、「できない」と言えるようになった、という。
NTT東日本関東病院では、年間約1000人の参加者が平均6〜7ヶ月で復職。
復職支援プログラムを行う施設は「うつ病リワーク研究会」のHPで見ることができる。

うつ病リワーク研究会

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

元の記事はこちらです
職場復帰 専門家が評価(読売新聞医療ルネサンス 2009年8月27日)

いつも閲覧ありがとうございます
香山リカさん「ココロの万華鏡:うつからの職場復帰」
うつ病対策行政 再発防止と復職を視野に入れた沖縄県の試み
うつ治療に用いられる薬について

ご参考になさってください
・なかなか「うつ」から抜けられないあなたへ!「うつ」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になる「うつ病の家族への対応マニュアル」うつ病患者さん本人にも対応した内容です

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード