三環形、四環形抗うつ薬にも、攻撃性のおそれ

うつ病・抗うつ薬に関するニュース

抗うつ剤の副作用に関するあらたなニュースです。

厚生労働省は2009年8月26日、「三環系」「四環系」などと分類される12種類の抗うつ薬について、攻撃性が高まる副作用の恐れがあるとして、製薬会社に使用上の注意の改訂を指示したと発表しました。

・抗うつ剤:12種類、厚労省が注意改訂を指示(毎日新聞)
・抗うつ薬、旧タイプも攻撃性増す傾向 厚労省が注意喚起(朝日新聞)


8月26日以降のニュースの二つでは、添付文書の改訂指示があった製品数には違いがあり、「18社の22製品」、あるいは「国内12社が販売している13製品」など、表現がまちまちです。

手元の本をみると、次の8種類は12成分に含まれるのではないかと思いますので、参考になさってください。
(正確にわかったら追記します)

三環形抗うつ薬成分
塩酸クロミプラミン 塩酸イミプラミン 塩酸アミトリプチリン
アモキサピン

四環形抗うつ薬、その他の抗うつ薬成分
塩酸マプロチリン 塩酸ミアンセリン スピルリド 
塩酸トラゾドン


三環形・四環系の抗うつ薬はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が認可される以前から処方されている抗うつ薬で、「従来型」などとも言われることもあり、推計使用者数は年間約260万人とされています。

厚生労働省は、SSRIについて、他者への攻撃性を示す症例が続いたことを受けて、すでに同様の指示をしました。
三環形・四環形抗うつ薬についてもあらためて調査し、他者への傷害行為などにつながる副作用報告の約100件を分析したところ、うち3件は投与との因果関係が否定できないと判断された模様です。
他害行為や自殺企図が報告されていることを使用上の注意に明記するとともに、衝動性の高い障害を持つ患者への投与は慎重にするよう求めています。

いつも閲覧ありがとうございます 過去の関連エントリです
抗うつ剤で攻撃性の副作用?厚生省が調査
抗うつ剤で攻撃性、厚労省が注意改定へ
厚生労働省、抗うつ剤の攻撃性増す副作用の注意呼びかけ
抗うつ薬の副作用(読売新聞「医療」2009年7月30日)

ご参考になさってください
・なかなか「うつ」から抜けられないあなたへ!「うつ」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になる「うつ病の家族への対応マニュアル」うつ病患者さん本人にも対応した内容です

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード