うつ病の治療・改善の方法2 漢方薬、認知療法

うつ病治療のさまざまな方法

このエントリーは、
うつ病の治療・改善の方法1 休息と薬物療法 の続きです。

3、漢方薬

2の西洋薬による薬物療法に加え、漢方薬を併用すると効果的な場合もあります。
軽度のうつ病の場合は、漢方薬だけでも改善が見られることも少なくありません。

うつ病のときは、心身ともに消耗しているので、体力の回復が目的の補剤としては、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、帰脾湯(きひとう)などがあります。

自律神経の調子をととのえるために、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)や茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)なども用いられます。

漢方薬は基本的にその人の本来の体質と現在の状態である証(しょう)を見極め、バランスの乱れをなおすものなので、漢方専門の医師に相談するのがよいでしょう。


4、認知療法

改善が見られたあと、調子を整えて再発を防ぐために適したものに認知療法があります。
これは、自分の考え方の傾向、くせを自覚し認識することで、より柔軟な考え方へと修正しようとするものです。
その一つである「七つのコラム法」は、実際の出来事、そのときの自分の感情などを7段階の手順で記述し、別のとらえ方はないかを吟味するものです。

認知療法については、こちらもご参照ください
うつ病治療 認知療法について

うつ病の治療・改善の方法1 休息と薬物療法 へ戻る

いつも閲覧ありがとうございます
うつ病の主なタイプ うつ病性障害1
うつ病の主なタイプ うつ病性障害2
うつ病の主なタイプ 気分変調症

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード