セロトニンのもと 良質のたんぱく質をとろう

うつと食事

うつ病の原因は脳の変調といわれますが、とくにセロトニン、ノルアドレナリンなどの脳神経伝達物質の欠乏といわれています。
ですから、うつの予防や改善のために、セロトニンをつくるもとである栄養素トリプトファンをとるような食事をおすすめできます。
トリプトファンを含む食材は、豆腐・納豆など大豆食品、チーズなど乳製品など、たんぱく質を含むものです。

うつ改善には食事の内容が大事

トリプトファンは、体内で生成されないため食物からとるべき必須アミノ酸(9種類ある)のひとつですが、この必須アミノ酸は、一種類だけではなく、バランスよく摂取しないと吸収されにくいのです。
ですから良質のたんぱく質を含む食品をバランスよくまんべんなくとるのが有効といえるそうです。

またトリプトファンからセロトニンが生成されるためには、ビタミンB1、B2、B6、ビタミンCなどのビタミン類や、カルシウム、マグネシウムなど別の栄養素も必要です。

とはいえ、どの食品に何が含まれるか…そんなに細かくは憶えられませんね。
これらは本当にさまざまな食品に含まれているので、上の食材を中心に、数種類の食材を使うことをなるべく心がけるといいのではないでしょうか。

良質のたんぱく質を含む食品の一食分量の目安とメニューをあげてみました。
ご参考にしてなさってください。

★鶏もも肉 75g 甘辛たれで煮る+卵を漬け込む
 =鶏もも煮と漬け卵
★豚肩ロース肉 50g + たまねぎ、ピーマン
 =豚肉と野菜の炒め物
★マグロ赤身 80g たれに漬け込む+長いもや納豆と合わせてご飯に載せる
 =マグロとろろご飯


いつも閲覧ありがとうございます
うつがひどいときも、食事は少しだけでも取りましょう
うつ改善には食事の内容が大事
うつ病の主なタイプ うつ病性障害1
うつ病の主なタイプ うつ病性障害2

ご参考になさってください
・なかなか「うつ」から抜けられないあなたへ!「うつ」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になる「うつ病の家族への対応マニュアル」うつ病患者さん本人にも対応した内容です
・うつ克服法!「笑顔がみたい」~心と身体の秘密→メンタルトリニティー:あなたが心を和ませ安心する心と身体の法則をお伝えします。
『うつ病』を改善したいあなたへ
・薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード