労災うつ−精神疾患の基準、10年ぶりに改定

うつ病に関するニュース

三寒四温のこの頃、春は感じますけど、うつ持ちにはこの天気はつらいです。
みなさんいかがですか?

ちょっと不調にしているうちに、労災うつに関するニュースに今頃気づきました。

厚生労働省は、2009年3月19日、仕事が原因である精神疾患や自殺の労災基準を、10年ぶりに見直したとのこと。
10年ぶりですか…何でも後手後手ですね。

これまでの精神疾患は1999年に作成された「心理的負荷評価表」に基づいていました。
発症前6ヶ月に職場で起きた出来事を労働基準監督署が調べ、ストレスの強さが前述の評価表に基づいた三段階で判定され、業務上の労災かどうかが決定されました。

今回新たに「違法行為を強要された」「仕事で多額の損失を出した」などの12項目が追加されました。
対人関係については、以前軽度とされていた「部下とのトラブル」が中度に変えられたそうです。
2009年度からの認定審査に反映させる予定とのこと。評価項目が増えたことにより、労災が認定されやすくなるとみられています。

追加された12項目のうち、強〜中程度は以下の通りです。

・ひどい嫌がらせ、いじめ、または暴行を受けた(強)
・違法行為を強要された(中)
・自分の関係する仕事で多額の損失を出した(中)
・職場で顧客や取引先から無理な注文を受けた(中)
・達成困難なノルマが課された(中)
・複数名で担当していた業務を1人で担当するようになった(中)

最後の項目、複数の仕事を1人でやらざるを得なくなったという話は、リストラが激しい昨今、よく耳にすることです。
1人で数人分の仕事をするのは本来無理があるんだから、うつ病になって労災基準、という前に何とかすべきだと思うんですけど…

上述項目は、このニュースからいただきました。ぜひお読みください。
労災認定基準:精神障害の基準、10年ぶり改定 「嫌がらせ」など追加(毎日新聞) 


いつも閲覧ありがとうございます
うつ病対策行政 再発防止と復職を視野に入れた沖縄県の試み
うつ病の主なタイプ うつ病性障害1
うつ病の主なタイプ うつ病性障害2
うつ病の主なタイプ 気分変調症

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード