抗うつ剤で攻撃性の副作用?厚生省が調査

うつ治療に用いられる薬について

3月7日付けニュースです。
「抗うつ薬で攻撃性」副作用の疑い42件 厚労省調査(アサヒコム) 

代表的な抗うつ薬であるSSRIのパキシル、ルボックス、デプロメール、ジェイゾロフトについて、他人への攻撃性を増すなどの副作用が疑われる症例が報告されたそうです。
2008年秋までの4年半に計42件が、医薬品医療機器総合機構に報告されたことわかりました。
それを受けて厚生労働省が調査を始め、製品の添付文書の改訂を指示することも検討しているそうです。

 薬害オンブズパースン会議は、2008年5月、SSRIの使用実態を調べるよう要望書を厚労省などに提出しました。
 一方、専門家の中には、SSRIの副作用とは必ずしも言い切れず、「詳しいデータが揃っていない段階では、慎重な対応が必要だ」(野村総一郎・防衛医大教授)という声もあるそうです。

****

若い年代の人たちにパキシルは根本的に利きが悪い、あるいは服用すると攻撃性をますということは、断片的に聞かれますが、ニュースによると医学的データはまだないらしい。

何より。実際に服用しなくてはならない患者を無視したこういう議論には疑問を感じます。
少し前のリタリン騒動と同じですね。

まだ調査をはじめる段階だそうですが、これがあまり検討されずに単なる規制につながるとしたら問題でしょう。
治療効果が上がっていることが確かなら、患者にとって選択肢は多くあるべきだと思います。

いつも閲覧ありがとうございます
うつの治療薬−抗うつ剤
抗うつ剤SSRIの副作用と問題点
うつの治療薬−睡眠薬
うつの治療薬−抗不安剤

ご参考になさってください
・なかなか「うつ」から抜けられないあなたへ!「うつ」から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族が元気になる「うつ病の家族への対応マニュアル」うつ病患者さん本人にも対応した内容です

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード