うつ発症から一年 朝型に変えるには NHK「名医にQ」から

うつ病治療のさまざまな方法

うつ病の治療過程で苦労することの一つのが、生活パターンを規則的に、特に朝型に戻すこと。
うつ病は一般的に朝つらくてなかなか起きられないこともあるのに、夕方から夜にかけて徐々に気分がよくなってくるので、どうしても夜型の生活パターンになりがちだからです。

NHK「名医にQ」で実際に寄せられた、生活パターンに関する質問と答えをまとめてみました。

-----
Q:二十代女性、うつ病と診断されてから一年たちます。体調は戻ってきて、食欲も出てきたのですが、生活パターンが夜型のままで、朝型に変化してくれません。どうすれば生活リズムを変えることができるでしょうか。

リハビリ専門の菅原先生の答えです。

A:社会復帰のためには生活パターンをととのえるのはとても重要なので、それに向けていくつかの要素をあげると…

薬の調節
昼間の薬も含めて、全体を調節する。
これについて主治医と相談するために睡眠チェック表というタイムテーブルを記録する。何時に寝て何時に起きたか、昼寝はいつどのくらいしたか、などを記録するもの。

生活リズムを意識した生活をこころがける
人間の脳内にある体内時計の狂いを調節すべきなので、そのためには
朝は起床する 太陽の光をあびる 人間の目の奥の光に対する受容体に働きかけるため
夜は眠れなくとも床に入る 
昼寝はなるべくしない 体内時計を意識して、一時間以内に

徐々に調整していくために、主治医の先生と一緒にスケジュールを立てることが望ましい。

-----
こんな感じでした。

次回に続きます。

生活パターンを変える NHK「名医にQ」と関連して



いつも閲覧ありがとうございます
認知療法1 NHK「名医にQ」から
認知療法2 NHK「名医にQ」から
うつ病治療半年、効果がないときは NHK「名医にQ」から

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード