抗うつ剤の飲みすぎによる副作用 NHK「うつ病治療 常識が変わる」から

抗うつ剤による副作用

うつ病のときは、不安感、睡眠、食欲などに関係する脳神経伝達物質のセロトニンの働きが弱まっていると考えられます。
セロトニンをはじめとする伝達物質は、神経細胞の一端から一端に一方方向に放出されることにより、刺激が伝わります。
代表的な抗うつ剤SSRIは、セロトニンが元の神経細胞に戻るのをブロックするので、神経細胞の間隙に存在するセロトニンを増やすことができ、そのためにうつ病の症状が軽くなると考えられます。

NHK「うつ病治療 常識が変わる」では、抗うつ剤の大量投与による副作用が、杏林大学保健学部の田島さんの説明として紹介されていました。

それによると、抗うつ剤の飲みすぎによって、脳内に異変が起きると考えられます。
具体的には、抗うつ剤によってセロトニンが増えすぎると、同じ脳神経伝達物質で意欲ややる気に関係するドーパミンが減ってしまうのです。

ドーパミンが減ると、無気力な状態におちいってしまいます。これがうつ病ににているため、抗うつ薬が効いていないと誤解され、薬の量が増やされます
これによってめまいやふらつきなど薬の副作用が強くなり、突然転倒するような危険な状態にもなることがあります。

セロトニンが増えすぎると、ドーパミンが減る…なぜでしょう??コントロールが効きすぎるから?のわけないか。
いずれにしても、薬を大量に飲むことによって脳神経伝達物質のバランスが崩れて、さらに薬を処方されて副作用がでる、それを押さえる薬を処方される、という悪循環があるようです。

田島さんによると、よくならないといわれると医者はどうしても薬の量を増やすあるいは併用してしまい、病気の症状と薬による変化の見分けがつかなくなってきているそうです。
また、薬を飲めば、本人の精神や体に相当変化がおこり、予想もしないことが起こっている、それを一度とりのぞかないと、どれが本当に病気の症状なのかみえてこないともおっしゃっています。

NHK「うつ病治療 常識が変わる」、再放送が決まったらお知らせします。


いつも閲覧ありがとうございます
うつの治療薬−抗うつ剤
抗うつ剤SSRIの副作用と問題点
うつ病の主なタイプ うつ病性障害1
うつ病の主なタイプ うつ病性障害2

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード