うつ病の主タイプ 双極性障害(躁うつ病)

うつ病の主なタイプ


双極性障害(躁うつ病)は、名前の通り、「躁」と「うつ」という二つの相反する症状があらわれるタイプです。

うつは「気分の落ち込みがあり、集中力や根気がなく、考えることが悲観的で、自分を責める」という症状があらわれます。
躁は正反対に「気分が高揚し、頭の回転が速くなり活動的になり、やる気満々で、周りを責める」という症状になります。
躁とうつがあらわれる順は人によって違い、うつが先にあらわれると一見してうつ病性障害とかわりがなく、診断がむずかしいことがあります。その意味で、本当に「躁うつ病」なのかどうかは時間の経過をみることになります。

躁うつ病にかかる人は、病気になる前の性格もまた、うつ病性障害とは違っています。
もともと活動的で、地道な仕事は苦手ですが、人を引っ張っていくリーダー的なタイプであることが多いのです。
この性格を「循環型性格」と呼んでいます。

双極性障害には、躁のときとうつのときで、それぞれに対応した治療が必要であり、躁うつ病の診断がなされたら、躁状態のときは気分安定剤であるリーマス、デパケン、テグレトールが用いられます。

しかし、いずれも効くまでに時間がかかり、それまでの期間にも何らかの治療が必要なほど、切迫していることもあります。
躁状態のときの本人の行動が何らかのトラブルにつながったり、社会的な信用を落とすような事態が起こりうるからです。

そのような場合に、現在最も治療に有効といわれているのは抗精神病薬であるリスパダールですが、あくまでも気分安定剤の補助として用いられます。

うつ状態での投薬は、抗うつ剤ではなく、気分安定剤のリーマスが用いられます。
うつ状態なのに、なぜ抗うつ剤ではないのかというと、双極性障害の人が抗うつ剤を服用すると、躁状態を引き起こしたり(躁転)、小刻みに躁とうつを繰り返す状態におちいりやすい(高頻度タイプ)ということが、わかってきたからだそうです。

(参考:「軽症うつ病」笠原嘉、「うつ病をなおす」野村総一郎 いずれも講談社現代新書)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード