今時うつ病事情1(読売新聞 医療ルネサンスNo.4442 2008年9月29日)

うつ病に関する記事

現在、読売新聞「医療ルネサンスのシリーズこころ 今時うつ病事情」が連載されています。
内容を簡単にご紹介します。

---------------------

「職場以外は活動的」増加

企業と契約しているある産業カウンセラーさんによると、昨今「うつ病と診断されて面談する社員の印象が変わってきた」。
うつ病といえば、気分が沈んだ状態がつづき、何事にも意欲がわかないというが主症状。患者はまじめで、手抜きができず、自分を責めるタイプが多い。

ところが、そのカウンセラーさんが面接する人の多くは、「もっと私はできるのに」と周囲を責めたり、仕事以外の趣味などでは活動的になったりする。「仕事がつらい、先週もやる気が起きなかった」と訴えながら、来週は東南アジア旅行に行く」と話す人も。

これは職場を離れると元気になるというタイプでカウンセラーさんは「職場うつ」「未熟型」「逃避型」「現代型」とよんでいる。
医師によれば「職場などの環境に順応できず苦痛を感じる『適応障害』や自己愛的な性格が元になって、うつ病と診断されている場合が多い」とのこと。

この場合、抗うつ剤が処方されても効果は薄い。カウンセリングなどの方法もあるが、ストレスの少ない職場に変わるなどの調整が現実的な対処法になる。

もっとも普及した診断基準でうつ病と診断されたとしても、治療も一律に抗うつ剤と休養とは限らない。

元記事はこちらへ→「職場以外は活動的」増加

---------------------

これって、完全に擬態うつ病ですね。


こちらもご参照ください
今時うつ病事情2(読売新聞 医療ルネサンスNo.4443 2008年9月30日)
今時うつ病事情3(読売新聞 医療ルネサンスNo.4444 2008年10月1日)
今時うつ病事情4(読売新聞 医療ルネサンスNo.4445 2008年10月2日)
今時うつ病事情5(読売新聞 医療ルネサンスNo.4446 2008年10月3日)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード