うつ病の原因は?

うつ病の原因として現在考えられているのは、脳内の神経伝達物質の変調です。

心やからだの働きを活性化させ、意欲や気力をコントロールしている場所は脳内にあります。ここには、モノアミンという神経伝達物質があり、これが正常にはたらいていることで、健康を保っています。
このモノアミンがうまく働かなくなると、心やからだに様々な症状が現われます。

うつ病では、脳神経細胞(シナプス)の間隙にあるモノアミンのうち、セロトニンノルアドレナリンという物質の量が減少していると考えられています。
抗うつ剤は、このモノアミンが再利用されないようにする薬です。
これによって、シナプス間隙に存在するモノアミンの量をコントロールすることで、うつ病が改善されます。

最初の抗うつ剤が発見されたのは1957年。
抗うつ剤が、シナプス間隙のモノアミン再利用を阻害していることが、動物実験によって証明されたそうです。
そして、抗うつ剤が効くからには、うつ病はモノアミンの減少が原因だ、という学説が立てられました。

jasmin11 at 22:31│Comments(0)TrackBack(0)clip!うつ病の原因 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード