うつ病かな…と思ったら心療内科や精神科へ!

うつ病をうたがったら受診するのは、心療内科、精神科、神経科、メンタルクリニックなどです。

神経内科は、筋ジストロフィー、ALSなど難治性の病気を含め、神経の病気を専門あつかう科ですので、ちょっと違います。

たいていは予約診療制が多いので、初診の場合はとくに電話で確認する方が安心できます。

受診の際は、待ち時間で問診表に記入することが多いのですが、さらにくわしい症状を医師からきかれます。
ささいな不調でも、診断のヒントになることもありますので、さしつかえない範囲でくわしく伝えるのがいいでしょう。

ここで、受診の際には「あらかじめ自分の不調をまとめておこう」というアドヴァイスをよく見かけます。
しかし、実際うつ症状がひどいと、とてもそんなことができる状態じゃない場合が多いので、
とにかくそのときできる範囲で問診表に書き込みや説明をすることで十分だと思います。

一人で交通機関を使って出かけるのがつらいこともあります。
気分的につらいのではなく、体を起こして動かすことそのものがつらいからです。

また、医師に言われたことがよく理解できなかったり、信頼できる医師なのかどうかの判断が難しいこともあります。

ですから、状況がゆるせば、家族か知人の付き添いがあると安心できると思います。

管理人は、とにかく早く医師に相談しなくては〜!と思い、行きやすい場所にある(これ、けっこう大事です)心療内科に電話すると、たまたま運良くその日に予約が取れて、エッサと一人で行ってきました。

後日あらためて家族と一緒に行き、先生から家族へもいくつか質問がありました。
家族と話をするのが、医師にとって、診断の材料になるようです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード