うつ病増加、100万人超え10年で2.4倍に(読売新聞から)

うつ病に関するニュース

読売新聞のニュースでは、うつ病患者の数が初めて100万人を越えたことがわかりました。厚生労働省が3年ごとに行っている患者調査の結果だそうです。

うつ病100万人超す、10年で2・4倍に(読売新聞12月4日)


うつ病を含む「気分障害」の患者数は、1996年には約43万人、1999年には約44万人と横ばいだった。
しかし2002年の調査では約71万人に増え、今回2008年の調査では約104万人に達したとのこと。

この急激な増加についての専門家の意見ですが、杏林大学の田島教授は、うつ病の啓発が進んで、軽症の患者さんの受診が増えたことをあげています。

また患者急増の時期と、新しいタイプの抗うつ薬が国内で発売された時期が重なることから、パナソニック健康保険組合予防医療部の冨高辰一郎部長は、本来必要のない人まで薬物治療を受けているのではないかと危惧しています。

− − − − − − 

新しいタイプの抗うつ剤というと、SSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)、SNRI(選択的セロトニンノルアドレナリン再取込阻害薬)が思い浮かびます。

パキシルが日本で認可されたのは2000年、トレドミンも同じく2000年です。
それまでの三環形、四環形抗うつ薬とは異なり、セロトニン・ノルアドレナリンだけに作用するため、のどの渇き、眠気などの副作用が少なく服用しやすいとされました。

件の厚労省の調査で、2000年を境に急激に増えたことと関係していると考えても大きな間違いではなさそうですね。

ニュース中で田島先生は、軽症の患者さんが受診していることをあげています。
現時点ですぐにうつ病と判断できる検査はないので、病気がよく知られて、不安を感じる人が受診するようになったことそのものはいいことだと思います。

従来型のうつ病とは違うタイプの非定型あるいは新型うつ病があらわれて、抗うつ剤が有効かどうかにかかわらず、本人が訴える症状に対して一応の病名が付けられ投薬される場合がふえているのかな…
などと勝手に思っています。

いつも閲覧ありがとうございます
病院の実力 精神科(読売新聞 医療ルネサンスNo.4667 2009年9月1日)
病院の実力 精神科(読売新聞 医療ルネサンスNo.4665 2009年8月27日)
三環形、四環形抗うつ薬にも、攻撃性のおそれ
抗うつ薬の副作用(読売新聞「医療」2009年7月30日)

ご参考になさってください
・なかなか「うつ」から抜けられないあなたへ!「うつ」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になる「うつ病の家族への対応マニュアル」うつ病患者さん本人にも対応した内容です

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード