レンドルミン調整中です

うつログ 管理人のつぶやきです

不眠がかなり続いてしまったので、初めて睡眠導入剤を処方してもらいました。
レンドルミン0.25mg錠です。
ベンソジアゼピン系睡眠薬、薬剤名はプロチゾラムです。

寝つきよりも2〜3時ごろ目が覚めたらその後眠れない方が気になったので、医師にはその症状を説明し、比較的長く眠れるものということで処方してもらいました。
一錠で効かなければ、2錠までは増やしていいといわれています。

「精神科医は信用できるか」(和田秀樹、祥伝社新書)によると、レンドルミンは「比較的強力な睡眠作用 短時間作用型」とあります。

使用感ですが、私の場合はベンゾジアゼピンの副作用であるふらつきは、起きないですんでいるのでほとんど感じません。起きた後も大丈夫です。
多少鈍感ですし。

飲んだ後30分くらいで入眠できて楽なんですが、それほど強力な感じはありません。
睡眠薬は基本的に無理やり寝かされるものだから、熟睡感を求めるのは無理があるんでしょうが、やはり心地よい眠り、という感じはないです。
2錠は飲まなくてもすむようです。

遅い時間に飲むと翌日に持ち越すので気をつけて、と薬局で言われましたが、飲む時間と使用感については、はっきりした違いがありました。
11時ごろに飲むと、翌日比較的すっきり起きられます。
12時すぎてから飲むと、同じ時間眠れはしますが、午前中は眠気が残っている感じが強いです。
どうも12時が境で、早めに飲んで寝るというパターンが使いやすく感じます。
前の日にどのくらい体を動かしたか、など生活活動も関係しているかもしれませんが…

寝る2時間前に軽い運動、はたまた15分前に腹筋運動など、熟睡のコツのようなことはいろいろ言われてますが、
どれも今ひとつ自分にはあいません。
なんせ薬を使わずにぐっすり眠りたいですね。

いつも閲覧ありがとうございます
うつの治療薬−睡眠薬
うつの治療薬−抗うつ剤
抗うつ剤SSRIの副作用と問題点

ご参考になさってください
・なかなか「うつ」から抜けられないあなたへ!「うつ」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
・簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になる「うつ病の家族への対応マニュアル」うつ病患者さん本人にも対応した内容です
・【3時間短眠法プログラム】3時間睡眠で自由を手に入れる!14日間短眠プログラム
・【 不眠症 】 奇跡の不眠解消法

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
うつユルLink



生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
生活の木 アロマオールナイト ホワイト ミニ ラベンダー
香りが立つのが早い、ミニアロマランプ

生活の木 トライアル リラックスセット
生活の木 トライアル リラックスセット
リラックス効果の高いラベンダー・プチグレンと、精神的疲れを和らげるスイートオレンジのセット。




予防医療という視点に立ったサプリメント




にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
TagCloud
QRコード
QRコード